スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

出産にまつわる話~キセキの誕生日編~ 


~妊娠時代さいごの日~の前回日記のつづき



am 6:40     病院到着
         夜勤の看護師さんに個室へ案内される。
         息つく暇もなく病院の薄いピンク色の服に着替える。体重、血圧、子宮口チェック(3~4cm)、
         浣腸してトイレ直行(いままでの便秘が一気に解消スッキリ)、入院証書などを記入。

am 7:45    個室に戻ってきてやっと一息。
        「もっと子宮口開いてると思ったのにぃ、これやったらまだまだや↓」
        次はベッドに仰向けに。看護師さんが見たことない機械を持ってきた。

        nst


        ・・なんやろこれ。なにされるん。


        センサーが付いたベルト状のバンドをお腹に巻き付ける。
        NST(ノンストレステスト)といって、陣痛が治まってるとき(ストレスのない状態で)
        赤ちゃんが元気かどうか、お産に耐えられるかどうかを調べるための機械(分娩監視装置)。
        センサーは2つ。1つ目は赤ちゃんの心拍用、もう1つはお腹の張り(子宮収縮)の確認用。

        赤ちゃんの心拍は「ドクンッ ドクンッ ドクン」と音でも確認できる。
        まさに水の中にいる感じの音でリアル。
        お腹の張りが強くなるとグラフでは大きな山になる。

        「え?ずっと仰向けのまま?歩き回ったり腰とか伸ばしたりできひんやん」

         ・・だって他の産院って歩き回ったりバランスボールに乗ったりしてるとこもあるよなぁ?!

         NSTは想定外でした。結局オギャーを聞く寸前まで装着してた。
         ほんとに辛かった!!        

         いきみの逃がし方に苦しむ。

         とにかく他のこと考えてないと気がおかしくなるので、とりあえず部屋を見回す。

         ・・・この部屋に天井の電気2ついる?ほんでテイストも違いすぎるのがオモロw。
         ・・・洋服掛けフック、微妙にいがんでるやん。


         母が仕事を休んで横についてくれてたけど、まともに受け答えができない。
         NSTのグラフの波を見ながら「もうすぐまたグラフの山くるわー、陣痛きたんちゃう?」

        「そんなん知ってる・・・」と思いながら「あぁぁ・・・きたきた、うっわー」の繰り返し。

         陣痛の合間は痛みがひくから普通に会話できるんですけどね。有難う、感謝してます。


am 8:00     朝食 
         バランス良しでボリューム満点。痛いけど「今食べとかんと」


        1031_morning

        1031_Hi


        食後、旦那にメールで連絡 
        「実は今、もう病院やねん。。。」
        「まじで!?今はどんな感じ?メールどころじゃないか。」



★約5分間隔★


am 9:00    2回目の診察(レントゲン) ベビーの頭がだいぶ下がってた。
        
        院長先生「ほら、赤ちゃんもちゃんと準備してるよ、お母さんは陣痛がきた事を喜ばないと」
        看護師「今日のうちに生まれたら70億人目の赤ちゃんですよ」
        「え、70億人目って、なんのことで、す、か スーッ、あーイタ」
        もちろんそんな事に感動してる余裕ありません!看護師さんよう喋るのね。が限界


★約4分間隔★ NSTは続く


am10:50   破水 陣痛がMAXにきた時に静か~にドパーンってはじけた。

そしていよいよ分娩室へ!

am11:15   ナイスタイミングで旦那がかっぽう着風の姿で登場!
        立ち会い出産する場合は、妊娠前期・中期・後期の「両親教室」に
        旦那さんとペアで出席するのが条件でした。
        忙しい中、気合いで3回ともクリア。ほぼ毎回の診察も来てくれました。
        そして本番は、ドリンク補給係と腰を強く押してもらいました。有難う、心強かった。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   ちなみに産院の両親教室で聞いた<安産のポイント>
   ①体重の管理
    *私は体重は妊娠前から+10kg
    *妊娠中期のころ1ヶ月で2kg増えた時、朝あんぱんを食べた日の尿検査で糖が下りた時は注意された。
   ②筋肉(腹筋)と関節を鍛える【1日20分×2の散歩】
   ③不安をなくす(呼吸法をマスターするとか)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


  たしかにだんだん陣痛の間隔は短くなっているが、なかなか頭が下りてこず。
  先生は「とっても順調よ~」と言ってくれるが「これいつまで我慢すれば?悲惨としか言いようがない」
  先がすごく長く感じる


pm12:00   陣痛の間隔もあまりなく、もうほとんどずっと痛い。顔面は血の気が引いていた
        先生の内診。子宮口の開き具合をチェックしたり、ベビーの頭の位置も確認。
        あともう少しのところまできた様子。
        こっからがまだ長い!!辛い、うっ、おーっ、まだですか~!カラダがぷるぷる震える~!

        子宮口が全開=10cmになるまで、いきんではいけない。
        そんな状況でリラックスしないといけない。
        信じられないぐらい痛いし、今すぐにでもお腹に力を入れたい。
        でもそこで我慢せずにお腹に力を入れてしまうと、赤ちゃんに酸素がいかなくなって
        呼吸ができなくなる。そんな負担、かけたくない。
      
      
        (小ネタ)
        分娩室の壁紙は薄いブルー色でかわいい惑星のイラストがパターンで描かれてる。
        これも産院の配慮で、妊婦さんがリラックスできるように。
        最初はピンク色って聞いてたんですけどね(ナゾ)
        私はその中で一番先に目に付いた「土星」に全ての意識を集中させて
        地獄の時間に耐えた!!(さらっと流してくださいw)
        そのうち間がもたなくなってその絵柄の(エア)トレースもした=職業病



pm 12:40  ついに子宮口全開。先生からゴーが出て、いきみ開始~!!

       次の陣痛の波がきたら一気にいけ~!

       「きたきたきたよー、はい息を思いっきり吸って」「す~~~っ」

       「はい力入れていきむ!」「ぅんんんっっーー!!!」

       「息が続かんかったら息を吐かんともっかい吸って!」←いやいや、えっできんのそんなん!?

       「息を吐いたら赤ちゃんがまた引っ込んでしまうからあかんで!」うんそれはわかりますけどぉ~


1回目ダメだった、けど感覚はつかめた。
次の陣痛のタイミングを待つ。


2回目もダメ。



pm12:50  そのとき! 

      「あれ・・・ん?きてないな・・」先生達の様子がおかしい。

       一瞬分娩室が静まりかえる。

       しばらく経って私はその事態を知った。

       NSTから聞こえてくるはずの心拍音が聞こえてこない!グラフも波打っていない様子。
       私を取り囲む全員の表情が一転。

       このあたりで、旦那がいったん分娩室の外へ出される・・・(その後も何回か席を外したらしい)

       看護師があわててお腹のベルトを動かしながら、赤ちゃんの心臓の音を探す。
       先生は私のお腹を揺らしてる、、、寝てる人を起こすような感じで何回も。

       焦った。どうしよう。

      「赤ちゃんごめんよ。私がちゃんと深呼吸できてないから酸素をすわれへんのやんな」

      「ほらお母さんはゆっくりちゃんと深呼吸!」「はい・・・(泣きたい)」

       先生の合図に合わせて、ゆっくりゆっくり大きく深呼吸「鼻から吸って口からフーーー」
       を必死で繰り返す
      
      

      しばらくして、心拍を確認!

      ー 生きてる!!頑張ってる! ー

      早く出してあげないと赤ちゃんがまた苦しくなる。
      もしかして首にへその緒が巻き付いてるかもしれない。      
      次がラストチャンス、これで出なかったら帝王切開だったよ、と先生に言われました。      


pm 1:03  運命のラストチャンス。顔の全部の毛細血管が切れまくるぐらい、きばった。うー!!!!!!
      私の目の前は360度顔だらけ。視線がすごい!こんなことまず無いし。
      先生がお腹の上に乗っかり(ヒエー!)
      数名の看護師は「がんばって!良い感じやで、もうすぐ!」の連発。
      いつの間にか会陰切開も行われてました。

      んーーぅおーりゃぁ!!!!!!

pm 1:05  オギャー!オギャー!

      Ha_01


      Ha2
     
2011年10月31日、3478g、51.5cmの男の子
世界に1人だけの、世界で70億人目の赤ちゃんとして元気に誕生しました。 

ホッとした気持ちと疲労と感動とが一気にやってきてかなりの興奮状態。
呼吸が荒いままなかなか治まらなかった。
旦那は知らない間に戻ってきてて赤ちゃんを取り出す瞬間を見たそうです。

我が子を見つけた瞬間、2人で同じことを口に出しました。

「結構、毛あるやん!」

私がなかなか毛が生えてこない子だったそうで?!(男の子ぽかった)勝手に毛の薄い子を想像してました(笑)

Hi_pola Ha_pola

左の写真は私、右は私の息子 間違いなく私の子だー!

どんでもなく壮絶な体験をしたんだなぁって思います。
    
出産前、ほんとにたくさんの人にいろんな言葉をかけていただき勇気をもらいました。
会社の方、友達、家族・・・私にとって大切なすべての人たち。先輩ママからもたくさん。
本当に感謝しています。有難うございました。
そしてハマコちゃんには予定日が近いのもあったし相談しっぱなしでした(汗)お世話になりました。
心強かったです。ありがとー!
またある先輩ママは「お母さんもしんどいけど赤ちゃんも同じように頑張ってるんだから落ち着いて!大丈夫」
って言ってくれたり。
ソフロロジーの事(いかに不安をなくしてリラックスできるかが大事)を教えてくれた先輩パパさんも。

どれもが「出産に対して前向きに考える」ことができそうなものでした。

そういう事をちょっとでも知る事、思う事だけで全く精神的に違うってこと身を持って知りました!

結局、先生の反応を見てるとそこそこ大変なお産になってしまったようですが 笑
苦しかった分だけ達成感は半端ないし、喜びは倍以上です。

まだまだ記憶に新しいおはなしでした。

この記事に対するコメント

ドキドキしたー。意外と冷静に記録と記憶をしてたんやね。
将来息子っちに、ぜひとも読んでほしい。

kumacky #- | URL | 2012/01/24 12:13 * edit *

kumackyさん

コメントありがとー!
長文、読んでくれましたかー(^o^)
出産後は超興奮状態で全然眠たくなかったから、覚えてるうちに一気にノートにメモしたのよ!
なにはともあれ、母子共に無事で良かったです!!

hiroway #- | URL | 2012/01/24 23:46 * edit *

ハラハラしながら読んでしまった(笑)
元気な息子君に会ってるのに。
大変やのに、しっかりご飯食べれたり、トレースしたり
冷静でいれてるのがすごい!
ほんと、お疲れさま~。

Loveco #- | URL | 2012/01/26 08:18 * edit *

Lovecoちゃん

自分でもビックリしたけど、いざとなったら「できるんや」って思った。
私の場合、予想以上にベビーが大きくて大変なお産になっちゃったけど
絶対大丈夫って信じてました!!!
ほんまいつでも食欲だけはあるみたい(笑)

hiroway #- | URL | 2012/01/26 18:24 * edit *

ドキドキ

すげーリアルで面白かったー♪(´ε` )
こんなに覚えてるもんなんやねー!

私もいつか経験したいよー((((;゚Д゚)))))))

ASAFUKU #- | URL | 2012/01/26 20:31 * edit *

ASAFUKUちゃん

読んでくれてありがとー☆ちょいちょいメモしてて、後から記憶を掘り起こしたよ!
全部マジノンフィクションやから~w

hiroway #- | URL | 2012/01/31 17:11 * edit *

はぁー、ほんま息するの忘れるぐらい真剣に最後まで読んでたー!
そして、最後に、名前でてきて感動ー!!

そんな、たいしたことしてへんし、こちらこそ予定日3か月違いの
同級生ベビーができて、めっちゃ嬉しかったし、今も心強いよー

1人で寝ない、抱かないと泣き止まない、暴れる(←最近ヒドイ)
と辛いことも多いけど、ヒロちゃんに「+1の大切さ」教えてもらったりもしてるし
これからもお互い、励まし合いながら、がんばろー(^_^)/

ハマコ #- | URL | 2012/02/06 00:15 * edit *

宇宙だね

遅ればせながら拝読いたしたり。

新しい命のドキュメンタリーやね。
改めて思うは

「おかん強し」

いやはや頭が上がりません。

bebe #xucBh4Qk | URL | 2012/03/06 21:20 * edit *

bebeさん

実に神秘的な体験!
このへんの話って考えれば考えるほど迷宮入りだね。

何億分の一の確率で生まれた息子に成長させられてます。

hiroway #- | URL | 2012/03/07 18:37 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiroway.blog95.fc2.com/tb.php/42-61132eba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。